2011年01月15日

ダイビングに言葉はいらない?

スラマ・シアン(こんにちは)!

先日、ヨーロッパは、オーストリアからオープンウォーターダイビング講習を受けに、ここインドネシアは、メナドにやってきた1人の青年。

ハロー!!と一言。でも返事があるような、ないような!?

私も決して人のことは言えませんが、彼は英語がほとんど話せず。
頼み綱の教本も英語版は無理のよう。

まさか、オーストリア語での講習???
ここには、オーストリア語版のテキストなんてありゃしない!!!
どうやって講習を???と思いながら、駄目元で、当店にある在庫中で、イタリア語、ロシア語、ドイツ語の中で、どれがいいと質問してみました。

彼はドイツ語版を選択したのです。どうやら、オーストリア語の書きは、ドイツ語とほぼ同じということでした。
あぁ~~ドイツ語版でいけるのね~~と、当店に一冊だけあったテキストを渡し、一安心するのもつかの間、ド、ド、ドイツ語!!!(笑・ホント、こんな時は、笑うしかないですね)
まぁ~彼に適した教本があっただけ、随分ましなのですが。

意志の疎通は、上手く図れない事を承知で、遠路はるばる来られて、彼の勇気とダイビングに対する思いは十分に伝わっていました。

それならばと、こちらもその期待に十二分に応えなければと思い、正誤は分かりませんが、熱~いボディーラングウィジ&顔の表情で講習に入りました。

“ダイビングに言葉は要らない”行動あるのみといった感じでした。

結果は、もちろん合格!!!

めでたし、めでたし!!!

追伸・・・減圧不要潜水時間やダイブテーブルの見方等の説明には、確かに言葉が必要でした。
一言、苦労しました!!!(苦笑)

ご宿泊やダイビングのご予約・お問い合わせは、下記URLをクリックしてお気軽にご連絡下さい。
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P15882898
posted by グランド・ルレイ・マナド at 12:19| 体験ダイブ&ライセンス取得講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする