2010年11月25日

ちっちゃ~い猿

インドネシアはメナドより、こんばんは~!!

今日はダイビングにまつわるお話はお休みして、タンココ国立公園へ“ちっちゃ~い猿” を見に行こうツアーのお話をします。

当店(メナド)から車で2時間半位走ったところで、ジャングルの中に公園はあります。

車を止め、さらに約1Kmの獣道を2時間位かけてゆっくり進みます。
この赤道直下の暑い場所でも、念の為、蚊や虫刺され対策で皆さん長袖長裾を着用していました。(苦笑)私は、いつもの様に、Tシャツ、短パンに便所サンダル。(笑)でもさすがに虫除け剤はたっぷり塗りましたけどね!!

イメージ 1


途中こんな変わった昆虫やセミもいました。

イメージ 2


イメージ 3


公園内には、ここスラウェシ島のみで生息していると言われている2種類の猿がいます。
その名は、ブラックモンキーとTarsier monkey(タルシィール猿)

前者の特徴は、尾っぽがない。  

イメージ 4


後者の方は,体長10~15cmと“とてもちっちゃ~い”、“目の大き~な猿”です。
もちろんお目当ては、このタルシィール猿!!
彼らは、獲物を探しに夜間活動し、昼間は木穴でお休みする習慣があります。
ですから、観察時間は夕方5時位からになります。
当方が行った日はあいにく彼らが木穴から出てくることがなく、高い木の上方にいた為に、あまり良く見ることが出来ませんでした。(悲)望遠カメラと双眼鏡があればよかったのですが・・・

イメージ 5


この猿に興味のある方は下記URLをご参考にしてください。
http://indonesia-zsolt72.blogspot.com/2008/02/tarsier-tangkoko-national-park-manado.html

ちなみに彼らの眼球は動かず、その代わりに首が180度回るそうです。(見てみたいですねぇ~)
可愛いお顔して蝶や蛇まで食べ、平均寿命は14年だそうです。

こんな猿を次回はもっと近くで観察できることを願っています!!

ご宿泊やダイビングのご予約・お問い合わせは、下記URLをクリックしてお気軽にご連絡下さい。
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P15882898
ラベル:散歩
posted by グランド・ルレイ・マナド at 20:11| タンココの森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする